実は馴染み深いエスプレッソコーヒー

街中のカフェなどで、何となくエスプレッソコーヒーをご注文されたら、小さなカップで濃いコーヒーが出てきて戸惑われた、あるいは、ご注文の際に、小さなカップで濃いコーヒーですが大丈夫ですか、と店員から尋ねられたため、別のコーヒーをご注文された、こんなご経験がおありの方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

コーヒーに詳しくない方なら、あり得ることです。

エスプレッソコーヒーとは、すごく簡単に言えば、イタリア風のいれ方をしたコーヒーと言うことができます。



イタリアでコーヒーといえばエスプレッソのことだそうです。


またフランスでも非常に好まれるコーヒーと言われます。エスプレッソコーヒーを抽出するには、イタリアンローストとも呼ばれる深入り豆を使用します。このコーヒー豆を細かくひいた粉に、専用の器具を使用して高圧の蒸気の力で、瞬間的にお湯を通して抽出されたのがエスプレッソです。

現在では、エスプレッソをいれるための家庭用マシーンも売られています。

単にエスプレッソコーヒーと言ったら、さほどお馴染みだとは感じないかもしれません。
でも、実はこのコーヒーは、現代の日本人にもかなり一般的です。


カプチーノやカフェラテがお好きな方は多いでしょう。



日本でもこれらの商品名で売られるものの多くは、エスプレッソとミルクを混合してできあがっています。


これらは、ミルクの配合によって呼ばれ方が違うエスプレッソ、と言うことも可能です。
デミタスコーヒーとエスプレッソが同じコーヒーだと誤解される方も案外多いようですが、それは違います。



デミタスコーヒーは、主に食後などに用いられる小さなカップに注がれたコーヒーのことです。

必ずしもエスプレッソだとは限りません。

デミタスコーヒーカップもありますが、実はエスプレッソ用の小さなカップもあります。

コーヒーはすっかり日本人の暮らしに溶け込んでいますが、エスプレッソコーヒーもそうなりつつあります。