エスプレッソコーヒーについて

エスプレッソコーヒーというのは一般的なドリップコーヒーとは抽出の仕方も風味もかなり異なったものとなっています。まず、エスプレッソの場合、使用するコーヒー粉に特徴があります。



エスプレッソ用のコーヒー粉は深煎りした豆を極細挽きしたものです。

この粉をエスプレッソ専用マシンにセットして、圧力をかけることで濃厚な風味のエスプレッソコーヒーを抽出します。

特別な日本経済新聞に関するサポートサイトはここです。

ドリップコーヒーとは違ってペーパーフィルターなどは使用せず、マシンに付属している金属製フィルターで粉を濾しています。金属製フィルターはペーパーフィルターより目が粗いため、そこからエスプレッソの独特の風味が生まれてきます。


エスプレッソは一般的なコーヒーと比べて、かなり風味が濃厚なため、喫茶店などでは30mlや60mlといった小さなカップに入れられて出されることが多いです。

また、ミルクと共に砂糖を入れるのが通常で、エスプレッソをブラックで飲むことはあまりありません。日本やアメリカでは主にドリップコーヒーが飲まれていますが、ユーロの各国ではエスプレッソコーヒーが主流となっています。
特にエスプレッソコーヒーの発祥地、イタリアではバールと呼ばれるお店の立ち飲みコーヒーが市民の生活に溶け込んでいます。本格的なエスプレッソコーヒーが1杯1ユーロ程度の低価格で飲めるので、イタリア人だけでなく、海外から来た観光客にもバールの立ち飲みコーヒーは大人気となっています。